読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

0からはじめるWebサイト制作の勉強|知行合一

2015年6月より求職者支援訓練でWebサイト制作を学んでいます。学んだことの要点や実践での備忘録を記録して、一歩ずつ成長に努めます。

相対パスと絶対パスのまとめ

HTML

Webページで画像を表示させたり、リンクを貼る場合、
ファイルのある場所を指定する必要があります。
「パス」とはファイルやフォルダの位置を示す方法(表示形式)のことです。

相対パス

起点となる現在位置から、目的のファイルやフォルダまでの道筋を記述する方式。
Webサイトでは、自分のページの中(同じサーバの中)で画像やリンク先を指定する場合、
相対パスを使用します。
半角のドット「.」とスラッシュ「/」を使って場所を表します。

相対パスの記述例

  • 同じフォルダ内のファイルを指定する場合は、そのままファイル名か「./ファイル名」
  • 1つ上の階層のフォルダ内のファイルを指定する場合は、「../ファイル名」
  • 2つ上の階層のフォルダ内のファイルを指定する場合は、「../../ファイル名」

絶対パス

装置内の最上位階層から目的のファイルやフォルダまでのすべての道筋を記述する方式。
Webサイトでは、他のWebサイトにリンクする場合、絶対パス(http://から記述)を使用します。
「http://」で始まるパスは、絶対パスと覚えておくと良い