読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

0からはじめるWebサイト制作の勉強|知行合一

2015年6月より求職者支援訓練でWebサイト制作を学んでいます。学んだことの要点や実践での備忘録を記録して、一歩ずつ成長に努めます。

情報の整理にマインドマップを使ってみました。

要件ヒアリングの場で出た情報やキーワードをどうやって整理していますか?

今までは箇条書きで羅列した情報やキーワードを議事録にまとめて整理していました。
しかし、議事録にまとめるのは意外と手間が掛かるものですよね

議事録にすることに労力を費やし、アイデアを考察する余力が無いことが多かったです。

もう少しアイデアやコンセプトの考察に力を掛けたいなと、思い、
今回、いろいろ探して、マインドマップを使ってみることにしました。

マインドマップとは

マインドマップはトニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・発想法の一つ。頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのこと。

描き方は、表現したい概念の中心となるキーワードやイメージを中央に置き、そこから放射状にキーワードやイメージを広げ、つなげていく。

マインドマップ - Wikipedia

使用したツール

「MindMup」と言うGoogle Chrome拡張機能を今回使用しました。
chrome.google.com

「MindMup」の使い方

「mindmup」「使い方」でググると使い方を丁寧に解説しているサイトがいくつも検索されますのでそちらを参考にしてください。

ちなみに私は以下のサイトを参考にさせて頂きました。

vdeep.net

「MindMup」を使用した感想

今回、「MindMup」をして感じた感想は以下の通りです。

  • Google ドライブで、MindMupを追加してしまえば、どこでも操作することができる
  • 無料で使用できる

今回、キーワード整理やアイデア出しに凄く役立ちました!

情報の整理にマインドマップ、一度試してみる価値ありです。